写真をスマホで撮影するときの注意点  

menu


写真をスマホで撮影するときの注意点

映像演出にまつわるお役立ち情報をお届け ウェディングムービーコラム

写真をスマホで撮影するときの注意点

Category

最近お客様から写真をデータでもらうことが増えてきました。
元からスマホで撮影した写真はもちろん、小さいころなどの紙の写真をスマホで撮影して
全てのお写真をデータで送ってくださるかたもいらっしゃいます。
時間がなく急いでいるときや、写真の郵送の手間が省けて便利なこの方法ですが
紙の写真をスマホで撮影するときにちょっと読んでほしい注意点です。

やってはいけない!NGポイント4つスマホ撮影01
1.写真に光が写りこんでしまってる
写真を明るくみせたい!と照明の下で撮影したり、フラッシュをたいてしまうと写真に光が写りこんでしまいます。
光が写りこんだ部分は白く飛んでしまい、映像にした時にも目立ってしまうので
光が写りこまないように気を付けてください。

2.ピントがあっていない
全体的にぼけた写真になってしまいます。
特に集合写真などで本人にズームしたい写真の場合
ぼけているのでズームしてもよく顔がわからなくなってしまうことも。
あまり写真にカメラを寄せ過ぎず、使えるのであれば「顔認識機能」を使ってうまくピントを合わせましょう。

3.写真とカメラが平行になっていない
上のサンプル画像がそうなのですが、画面に対して写真が台形のようになってしまっています。
こうなると写真が歪んでしまい、お顔がつぶれてしまったりします。
撮影するときはできるだけ写真とカメラが平行になるように心がけましょう。

4.画面いっぱいに写真を撮影している
少しでも写真が大きい方がいいかな?と割とおおいパターンなのですが
上下左右周りが少し見えるくらいのほうが若干の歪みなどがあったときに修正しやすいです。
写真を画面いっぱいに撮影するより、撮影サイズを大きくして周りも少し写るようにしてみてください。

おまけ.Googleアプリ「フォトスキャン(無料)」を使う
Googleがリリースしたアプリ「フォトスキャン」を使えば紙の写真もスマホで簡単に取り込みできるうえ、照明の反射なども自動で抑制してくれます。

フィルムワークスでは多少のトリミングや色補正など無料ですスマホ撮影02
多少暗くなってしまったり、写真の背景が写りこんでしまっている程度のお写真であれば
無料でトリミング・補正をします。

またお写真のスキャニングも無料、作成後は全てのお預かり素材をきちんと返却いたしますので
写真郵送の手間はかかってしまいますが、できれば紙のお写真は郵送で送っていただけた方が
より写真がきれいな状態で見えるプロフィールビデオを制作することができます。